第二僻地

ぽけもん

【USMseason7】 -Death by Grossland|積みリレー偽装構築-【最終2162】


スポンサードリンク

並び

f:id:asyupoke:20180123091301p:plain

成績

TN けもゆしぁ 

最高/最終2162 20位

TN OIMO•~•DAYO 

最高2130最終20xx

 

エルバ氏(@elba_poke) 、日々々々氏(@hiyo_2525) にも構築を渡し、2人とも2000超えの戦績を残されました。

 

*画像

f:id:asyupoke:20180123134928j:image

構築作成経緯

初手の『襷ランドロス』に化けた『スカーフランドロスの奇襲から展開することで、試合を有利に進めていけるような構築に組み上げた。

ランドロスとの相性補完に優れサイクルを回していける『メガメタグロス』、そしてメガメタグロスに受け出される物理受けと裏にいるポケモンに一貫する技、即時的に超高火力が出せる崩し役として『ノーマルZポリゴンZ』を採用。メタグロスギルガルドの偶発対面からポリゴンZバック→身代わりで詰ませる試合も少なくなかった。

サイクル色を強めた選出をする際のクッション及びサポート、また詰めるための駒として瞑想+リフレクター持ちの『イアのみカプレヒレ』を採用。ポリゴンZとは異なった耐久の崩しが可能。

技範囲が広く相手のサイクル構築やアーゴヨン+ギャラドスといった積みサイクルに強い『命の珠ゲッコウガ』を採用。陽気ランドロスの微妙に足りない火力で落としきれなかった相手を水手裏剣で刈り取る役割もある。

ここまでで厳しいポリクチミミガッサのような対面的なトリル構築や、ペリラグナットのようなサイクル雨構築に刺さる毒毒+守る+身代わり持ちの『マゴのみバシャーモ』を採用して構築が完成。ランドロス+バシャーモ+ポリゴンZ+カプレヒレの並びを作ることで、選出画面でランドロスを襷ステロ型のように見せかけることが狙い。そのランドロスを潰しに来るポケモン(アシレーヌゲッコウガのような水タイプ、メガガルーラやカプテテフのような上から殴れるポケモン)に対してスカーフランドロスメガメタグロスを初手に投げ、有利対面から試合をスタートできるような構築に仕上げた。(つもり)

個体詳細

f:id:asyupoke:20180123091732p:plain

霊獣ランドロス@拘りスカーフ

性格:陽気

努力値:4-252-0-*-0-252

実数値:165-197-110-*-100-157

地震 岩雪崩 蜻蛉帰り 馬鹿力

 

S+1最速メガギャラドス、S+1準速100属付近のポケモン上から叩くための最速スカーフ。

 

f:id:asyupoke:20180123091757p:plain

メタグロス@メガストーン

性格:陽気

努力値:92-156-4-*-4-252

実数値:167-185-171-*-131-178(メガ後)

アイアンヘッド 雷パンチ 冷凍パンチ 地震

 

hb…特化ミミッキュのシャドークローZ高乱数耐え

hd…無振りメガゲンガーシャドーボール耐え

s…ミラー意識の最速

 

対面性能が高く、上から広範囲で殴っていく構築の軸となったポケモン技を放つと追加効果が付いてくる+全ての技の命中率が100%なので勝ちを拾いやすい。

 

f:id:asyupoke:20180123091827p:plain

カプ・レヒレ@イアのみ

性格:図太い

努力値:244-*-180-44-4-36

実数値:176-*-173-121-151-110

熱湯 ムーンフォース 瞑想 リフレクター

 

クッションにも詰めのエースにもなれる。熱湯の採用意図だが、持続ターン数が多くの場合【ミストフィールド<リフレクター】となるのでフィールドが枯れてリフレクターが残っている際に燃やすことが出来れば、壁が切れても半永久的にリフレクターが残る状況が作れる(運勝ちを狙える)こと、波乗りと確定数が大きく変わる仮想敵が多く存在しなかったことが大きな理由。

 

f:id:asyupoke:20180123091859p:plain

ポリゴンZ@ノーマルZ

性格:臆病

努力値:4-*-0-252-0-252

実数値:161-*-90-187-95-156

さわぐ シャドーボール 身代わり 悪巧み

 

メタグロスが呼ぶ毒ギルガルドドヒドイデを起点に身代わりを貼り勝つ試合が多かった。受け回しサイクルは基本的にこのポケモンを使って崩していく。

 

f:id:asyupoke:20180123091931p:plain

バシャーモ@マゴのみ

性格:臆病

努力値:236-*-4-4-12-252

実数値:185-*-91-131-92-145

火炎放射 毒毒 守る 身代わり

 

b<d ダウンロード対策

h…4n+1 

 

採用当初は対ポリクチミミガッサ用のポケモンだったが、実践ではペリラグやバシャーモ受けを毒が刺さるポケモンに一任している構築などに対して刺さるケースが多く、意外と選出する機会が多かった。配分調整はもっと良いものがあると思う。

 

f:id:asyupoke:20180123092033p:plain

ゲッコウガ@命の珠

性格:臆病

努力値:0-*-0-252-4-252

実数値:147-*-87-154-92-190

冷凍ビーム 水手裏剣 目覚めるパワー炎 草結び

 

マンダナット水のような構築は他のポケモンで削りを入れてからゲッコウガの一貫を作るようにしていた。アーゴヨンハッサムギャラドス等の積みサイクルに対しても積極的に選出していた。

基本選出について

(メモ程度に)

軸:ランドグロス

+

レヒレ(遅崩し、クッション、詰め◎)

ポリZ(即崩し、高火力)

ゲッコ→範囲(サイクル、顎ギャラ)

バシャ→対ポリクチミミガッサ、毒崩し

 

環境にいたメジャーな並びに対する基本選出はある程度決めていたし複数パターンの処理ルートを用意していた。

例)

対ガルミミガッサ→ランドグロスレヒレ

対カバリザテテフ→ランドグロスポリorゲッコ

対カバマンダガルド→上記同様

対トリル→バシャーモ@2 レヒレやアシレーヌ

入りには此方のレヒレを噛ませて対処する。

対雨→バシャーモ@2 ナットツルギとバシャーモの対面を作ってから毒ハメorレヒレゲッコ@2

 

キツイ並びはメガゲンガー+浮いているポケモン

 

ほぼすべての技を命中安定で固めることができたのが個人的に良かったのかな、と思ってます。

 

質問等は(@A_poke_)まで

 

シーズン7お疲れ様でした。

 

追加:QRつくりました。

https://t.co/dEpuKJpXnM