re:mote place

ぽけもんぶろぐ

【USM S11】宇宙最強ラキドヒムドー 【最高2149最終2076】


スポンサードリンク

f:id:asyupoke:20180904063619j:image


◆成績

@A_poke_(TNけもゆしぁ) 最高2149最終2070くらい


◆経緯

受けループが中~上位帯に多い様々な取り巻きのマンダ軸に対応できると考えて組み始めた。

既存の並びである(ゲングライラキドヒムドー追い討ち)と(asamiループ)はメタの対象になると考え、上記の受けループの強みは残しつつも並びと構成を汎用性がガタ落ちしない程度に多少ズラす事を意識して構築した。


◆個体詳細


メガゲンガー

135-*-101(4)-222(252)-115-200(+252)

ヘドロウェーブ 祟り目 鬼火 身代わり

*最後の3日間は控えめCSヘドロ爆弾を使用したが、上記の最速ヘドウェ推奨。


ラッキー@進化の奇石

335(76)-*-62(+252)-*-148(180)-70

眠る ステルスロック 電磁波 地球投げ


ドヒドイデ@黒いヘドロ

157(252)-*-206(+124)-90(132)-162-49

熱湯 トーチカ 黒い霧 自己再生


エアームド@ゴツゴツメット

171(244)-106(44)-206(+220)-*-90-90

毒毒 鉄壁 ブレイブバード 羽休め


カプレヒレ@拘りスカーフ

145-*-135-161(+252)-151(4)-137(252)

波乗り ムーンフォース 冷凍ビーム トリック


ドリュウズ@食べ残し

211(204)-159(28)-82(12)-*-128(+252)-110(12)

地震 スマートホーン 毒毒 つのドリル


◆構築の要点


◇身代わり+鬼火 メガゲンガー


どのレート帯にも多いガルーラやクチートミミッキュキノガッサの並び(特にキノガッサ)に対して有利に立ち回ることが可能。

身代わりは状態異常を絡めてゲンガーを処理しようとしてくる相手に有効な他、ギルガルドに対しても身代わりから入ることで型を判別し裏に引くか鬼火or祟り目で処理といった安定したルートを取ることが可能。


◇C90(136振り)ドヒドイデ


火力

○熱湯

149-116メガゲンガー 36~43

*最低乱数以外身代わり破壊

151-101メガバシャーモ 84~98

131-125ミミッキュ 33~40

*身代わり確定破壊


メガゲンガードヒドイデ

○熱湯+ヘドウェ

155-100霊獣ボルトロス 42~49+118~139

153-105メガリザードンx 40~48+112~133

○熱湯+祟り目(威力65)

165-100霊獣ランドロス 84~98+81~96


耐久

○HB 157-206

200メガリザードンx +1カンチ ~128

165霊獣ランドロス +1地震 ~162(乱12.5%)

172メガクチート +2はたき ~144

233メガバシャーモ +2カンチ ~152

*トーチカ熱湯トーチカ捨て で 1:1交換可能


不足した耐久(主に対ミミッキュ剣舞ギルガルド)はトーチカを絡めることで誤魔化せる。

Bを削った弊害をあげるとすれば、メガギャラドスの+1地震がトーチカ込みヘドロ回復2回入れても2耐えできる確率が低いので熱湯の試行回数が減ることくらいだった。


◇眠る+電磁ステロラッキー


本構築にはグライオンが不在なため、毒崩しを行ってくるポケモン(ex.ギルガルドヒードラン、サンダー 等)が重い。それらに対する一発回答として眠るを採用。眠ることが出来ないカプ・コケコにはドリュウズカプ・レヒレにはゲンガーで対応することで役割を分散してその問題を解消した。

電磁ステロは初手で展開し裏のゲンガー、カプ・レヒレで詰めていく時に有用で、特に電磁波は相手のカプ・テテフメガゲンガーや積みエースのSを下げるために必要だった。


◇A106(44振り)ブレバエアームド


ブレバでメガボーマンダの身代わりを破壊することが可能。2000までは剣舞(呪い)ブレバ@飛行Zでカミツルギメガボーマンダを纏めて倒せるものを使用していたが、微妙すぎたのでゴツメに戻した。調整案はあさみさんから。ありがとうございました^_^


◇スカーフカプ・レヒレ


切り返しとミラー対策枠①

ジャラランガ入りに対して柔軟な選出・立ち回りが可能となった。後投げされるメガゲンガーを倒すことができたりスカーフを想定していない相手に対してeasy winが狙える点も高評価。スカーフトリックは毎シーズン固定パで必ず上位まで来る人達の構築に刺さる。

ミストフィールドは状態異常サイクルと相性が悪ように見えるが、ドヒドイデカプ・レヒレアーゴヨンに対応できるようになる他、ラッキーで展開してからレヒレを通していったりドリュレヒレでサイクルを回すことが多かったのでそれ程気にならなかった。


◇残飯スマホドリュウズ


切り返しとミラー対策枠②

TNリンシャンドリュウズ

ミストフィールドを敷いておけばメガゲンガーカプ・テテフにある程度強く、受け回しミラーの回答にもなる。オニゴーリに対しても後投げから50%くらいの確率で勝てたり勝てなかったり。前述したようにラッキーで受けるのが厳しい挑発カプ・コケコや催眠蛍火デンジュモクに強い点も高評価。


スペシャルサンクス

構築相談に乗ってくださり同系統構築を並行して回してくださったかえでさん

エアームドの調整をくださったあさみさん

ヘドロウェーブゲンガーの個体を貸してくださったたまさん

ポイマをくれたぴさん

対戦してくださった方々

 


 


メガボーマンダ軸に強い軸として選択した受けループですが、今シーズンを通して使ってみて感じたことは決してメガボーマンダ軸に対して強い軸ではなかったということです。メガボーマンダ軸は個々の取り巻きの型が非常に豊富で、全対応可能な選出はほとんど不可能でした。グライオンを抜いてドリュウズを入れることでギルガルドを呼び込みカプ・コケコを牽制して少しでもラキドヒムドーが通るような並びにするよう意識しましたが、受け駒@3でメガボーマンダ軸を完封した試合は非常に少なく、構築と立ち回りの難しさを実感しました。


シーズン11お疲れ様でした。

 

f:id:asyupoke:20180904063712j:image

f:id:asyupoke:20180904063727j:image